「WindowsMR」
に対応したHMD&コントローラー(dellvisor)買いました。

WindowsMRとは、WindowsMixedRealityの略称です。
「Mixed Reality」(複合現実)とは、大雑把に言うと現実にある物に仮想の物体を溶け込ませる事を指します。ポケモンGOで有名になったARの強化版みたいな考え方です。
が今現在「WindowsMR」用HMDは「Mixed Reality」には対応していません。
じゃあこれに付いているカメラは何に使うのかというと、カメラで外部の物の配置などの情報を取得しそれを基準に頭の移動、またコントローラーの位置情報を取得(トラッキング)しています。
今までVRゴーグルとして「HTC Vive」「Oculus Rift」等が発売されていますが、これらは外部に設置した複数台のカメラでトラッキングを行っていたため、設置スペースを考える必要がありました。
その点では外部電源もいらずPCにUSBとHDMI端子を繋ぐだけで済むMRはとても楽ちん。
構造的な問題でコントローラーは自分の体で隠れる(カメラで見えない場所に行く)とトラッキングが途切れるという問題もありますが…

まぁ要するに、今現在のMRは設置・設定が簡単なVRゴーグルという考え方で良いと思います。
マイクロソフト製なのでWindows10を入れていてちゃんとアプデしてる状態かつ推奨スペックを満たしていれば繋ぐだけで動作しました。

価格面では、現在Viveは上位モデルのProが発表されたことによる価格変更で64250円、Oculus Riftは50000円で販売されています。
WindowsMRは一番安いAcer製で46000円程度とOculusRiftとあまり差が無いように見えますが、一時期北米アマゾンで一番安い物が220ドルという安値で売られており(記事を書いてる今は250ドル程度)輸入費・関税込みで高くても3万円程度と日本で買うよりずっと安かったので衝動買いしてしまった…
※コントローラーの接続はBluetoothを使いますが、私が買ったロットだとちゃんと日本の技適マーク付いてました。一応先人の情報を見て購入しましたが今後変わらないかどうかは分からないのでその点は注意してください。


WindowsMRはWindowsストアで専用VRアプリを購入できる他、まだアーリーアクセス状態ですが「Windows Mixed Reality for SteamVR」というマイクロソフト製ソフトをスチームでインストールする事で「SteamVR」規格のソフトもプレイする事が可能になります。
VRゲームはサポートするデバイスという事でHTCViveやらOculusRift等デバイスの指定があり、まだ発売して間もないWindowsMRを公式サポートしたゲームはViveの10分の1程度ですがサポートが明言されていないゲームでも案外普通に動いたり…
非対応ゲームの動作についてはRedditのWindowsMR関連で情報をまとめてくれているので一度確認するのもいいかもしれません。
https://www.reddit.com/r/WindowsMR/comments/7c97lm/steam_games_status/

スチームの返金システムを使って動作確認する方法もありますけど常用するとvalveから警告が来るらしいから辞めた方が良い。





ここからは私が体験したSteamVRコンテンツの感想とか書いてきます。




Google Earth VR:MR非サポート
とりあえずVR体験をしたくてダウンロードした一本。無料。
シームレスに地球上を見て回ることができるソフト。
衛星写真を元に大都市は立体化されており、ジオラマっぽく楽しめる。
面白いというか感動した。
WindowsMRはサポート対象に指定されてはいませんが全く問題ありませんでした。






PAYDAY2 VR(DLC):MR非サポート
2013年発売のFPSゲーム、PAYDAY2をVRで遊べるDLCです。
このゲームの肝となる協力プレイは非VRのプレイヤーともマッチングできるため、VRで遊べるオンラインゲームとしては多分人口はトップクラスに多い。
またPAYDAY2本体を所持している人は無料でこのDLCをダウンロード出来ます。

DLCを適応すると起動時に「SteamVRモードで~」という選択肢が増えておりこれを選択することでVRモードでゲームが起動。
片手でオブジェクトを操作しながら銃で応戦したり両手で銃をぶっぱなしたり出来るのは凄い。
またリーン(壁際に隠れながら覗き込む動作)が出来るのも強み。移動で自由にジャンプが出来ない事以外は非VR勢と遜色のない(というかVRの方が有利?)。

「Windows MR for SteamVR」内の設定テキストファイルで弄ることでスティックを使用した移動も出来るがこれは無茶苦茶酔った。VR慣れしてない人はワープ移動推奨。
後内容的にも暴力的なせいかちょっと気持ち悪くなった。






※3/27 AM2:00まで-34%オフ
Airtone:MR非サポート
むっちゃ楽しい。そしてネオンちゃんかわいい
ゲーム的な流れとしては音ゲーをクリアする事で「rhythm」と部屋に置けるアイテムを収集、それをきっかけにネオンとコミュニケーションを取る事でストーリーが進行していく感じ。
収録曲は25曲。難易度は三段階の設定があります。
↓の動画は最高難易度(プレイは私じゃないです)


余裕があるのは中難易度くらいで最高難易度はかなり厳しい。動画の曲でも簡単な方。
音ゲー上手い人ならフルコン出来るんだろうか…

WindowsMRの特性上コントローラーのトラッキングが体の前方しか出来ないという問題がありますが、このゲームでは特に不自由なくプレイできました。
ただ非対応だからか起動時に左右の手のグラフィックが入れ替わっていたりする謎…プレイに支障はないんですが
とりあえずVR的な体験がしたいなら買って損はないと思う。酔いも全く感じない。
ちなみにPSVRへの移植も発表されました。新曲とかアプデ来ないかなー




ここからいつものFF14の話


三本目のエウレカウェポンは召喚本じゃなくてナイトにしました。
ツイッターで見た赤に染めた武器がいい感じに中二でかっこよかったので^q^
27日は待ちに待ったロックボックスの内容変更アプデが来るらしいですね。
貯めに溜めた奴を全部砕くつもりですが何分かかるかな…



この記事はどうでしたか?
良ければクリックお願いします!励みになります!!




ツイッター始めてみました。記事投稿したらつぶやきます。